保険はライフステージごとに見直しを

保険はライフステージごとに見直しを

保険はライフステージごとに見直しを

保険というのは、独身時代から既婚時代、親となり、老後とライフステージは次々と変化していきますから、医療保険に限らず死亡保険なども考え直す必要があります。
独身時代は、長期型の総合保険で間に合っていたのが、妻も子供もいる大黒柱になると所得保障も死亡保険もがん保険も考えなくてはならなくなってきます。
反対に、子供が独立し、妻と二人っきりの老後となった時に、何か遭った時の必要な経費は、そんなに大きくなくても大丈夫です。
けれども、生活面で年金をカバーする保障は必要です。
そのように、家族の状況が変わる度に比肩は見直しをして、十分でそつのない保障をするためには、長期型の保険に厚くするべき部分を短期型でカバーしたりするのですが、自分ではなかなか判断が付きにくいものです。
それに今の保険にあれが必要になったこれが大事だと保険を増すと、毎月の支払いが大きくなり、その負担で持続できなくなってしまえば元も子もありません。

最近は、貯蓄型よりも掛け捨て型の金額は低く、保障は大きいというものが人気になってきており、それを上手に組み合わせて、必要な保障のバランスを組み立てることで、ライフステージ毎に見直しもしやすくなります。
それに随分と安くなりますから、願ったり、叶ったりというところでしょう。
けれども、具体的にプランをしようと思っても、保険商品の種類は増えている上に、どこの保険会社の保険もすばらしく感じ、どうしたら良いのか解らなくなります。
それぞれの保険の特色をしっかりと知り、自分のニーズに合っているのかと言うことや、自分では気が付いていないもっと他のに必要な保障があるのではないかと不安になるものです。
だから、客観的な立場で保険についての見直しプランをアドバイスしてくれる保険事務所のファイナンシャルプランナーに相談をするのが一番良いと思うのです。
阿久さんの保険会社の契約代行をしていますから、どこの保険会社が良いなどと言う偏りが無く、色んな保険会社の良い所だけを上手に組み合わせたプランを提供してくれます。

Copyright (C)2015保険はライフステージごとに見直しを.All rights reserved.